20121118

兵ちゃん



水槽の設置について2012

みじんこ研究室に戻る

 水槽を設置するには機械、電気、土木、配管、木工、園芸と様々な知識を必要としています。それらの知識を統合して熱帯魚が生活する環境としてアクアリウムが出来上がります。一つのアクアリウムを見てもそのバックグランドとなる様々な知識が使われています。さて、今回は以前から熱帯魚を飼っていましたが、自分の誕生日を機に再び水草水槽で熱帯魚を飼うことにました。部屋に置いてある水槽を移動させるのと水槽の台の改修、洗浄、器具の更新を行いましたので紹介したいと思います。



1.水槽の確認

 水槽は90センチ水槽で間口×奥行×高さ(mm)900×450×450 182250 157ℓ又は182ℓ本によって記述が違います。砂利をひいたりフィルターの容量を入れたりして計算します。今回は、水槽の老朽化があり、中古水槽で19年使った物を急きょ更新して新しい水槽にしました。寸法、容量ともデータがありますので新しい水槽を元にして話を進めていきます。


呼び方

間口×奥行×高さ(mm)

容量(ℓ)

備考

30センチ水槽

300×190×250

12


36センチ水槽

360×220×260

17


40センチ水槽

390×260×280

24


45センチ水槽

450×240×400

27


450×295×300

35


450×295×360

42


60センチ水槽

600×295×360

57


75センチ水槽

750×300×450

85


750×400×450

114


750×450×450

129


90センチ水槽

900×300×450

101


900×400×450

138


900×450×450

157


120センチ水槽

1200×300×450

133


1200×400×450

183


1200×450×450

205


1200×450×600

272


150センチ水槽

1500×450×600

345



90センチ水槽ニッソーNS-113

W900×D450×H450

155




2.蛍光灯

 蛍光灯は熱帯魚を観賞するには必要不可欠です。しかも水草水槽にしたいのならさらに光が必要になります。


(1)蛍光灯の必要数

 水草も育てようとすると一般的に蛍光灯の量が足りません。水槽は90センチ水槽で間口×奥行×高さ(mm)900×450×450なので20ワットを3本以上が観賞する基準になりますが水草水槽では光が足りません。水草水槽にするには倍の6本を準備しました。


間口×奥行×高さ(mm)

ワット数

本数

備考

450×295×360

15

1


600×295×360

20

1


750×300×360

15

2


750×300×450

20

2


900×450×450

20(30)

3(2)

準備したのは20W6


蛍光灯の並びは次のようになります。

1 - C

2 - B

3 - A

4 - B

5 - A

6 - C


(2)蛍光灯ユニット

 蛍光灯の市販品は便利ですが専用の物がない場合やガラスの切欠きが合わない場合は自作する事になります。蛍光灯はユニットの物をホームセンターで購入します。蛍光灯ユニットはLEDに変わっていく最中なので生産しているかわかりませんが、自分が使っている蛍光灯ユニットは、アグレッド株式会社のBT-211060Hzを使っています。蛍光灯は地域によって周波数が異なりますので注意してください。あと、蛍光灯ユニットはAC100Vが使われておりユニットの中にあるターミナルからコンセントまでの間の電気配線を行います。少し電気の知識が必要になります。

アグレッド株式会社

ワット

型番

寸法(mm)

備考

20W

BT-2110

611×奥行53×75


15W

BT-1510

467×奥行53×75

会社のホームページ記載無し

10W

BT-1110

361×奥行53×75

会社のホームページ記載無し


(3)蛍光灯の外側の作成

 蛍光灯の外側は木で軽く薄く作り角材で補強します。今回は厚さ3mmのベニヤに14mmの断面が三角形の物と15×40mmの角材を使っています。接着は、木工ボンドと木ねじ(3×8)を使い丈夫に作ります。部品の寸法がわからない時は模造紙を買ってきて実物大の図面を書きます。簡単な立方体なら良いのですが多角形になると難しくなります。今回は実物大の図面を書いて部品の寸法を割り出し、部品を切り出して作りました。反射版の部分は、キッチン用品のアルミテープを張り付けて作ります。製品名は、アルファミック株式会社の「アルミ キッチンテープ 6m×6cm幅」という商品を使っています。自作すると手間が掛かりますが自分の好きなように作ることができます。ちなみに今回で一番手間が掛かったのは、この蛍光灯です。


1

模造紙に実物大で図面を書いたところです。寸法は水槽の開口部にあわせるのではなく市販のガラス蓋のサイズで計算していきます。


2

木材から部品を切り出して部品から組み立て終わった外側です。今回は図面と実際に組み立てた物と比較すると縦と横がそれぞれ3mm大きくなってしまいましたが水槽の開口部にはぴったり合いましたのでOKとしました。


3

塗装が終わったところです。反射板の部分は塗装してありません。


4

反射版になるアルミテープを張り付けたところです。綺麗にはるには張ったあとにシリコンでできたヘラで擦りしわを取ってピタリと張ります。



5

蛍光灯ユニットを組み込んで完成したところです。




3.ろ過装置

 ろ過装置はEHEIME(エーハイム)が業界標準と言って良いほど有名です。アクセサリーが充実しているので今回はEHEIME2217を選択しました。ここではホースのサイズが他の機器と接続するのに重要なところです。それと2217からポンプを取り外したサブフィルター2217も導入しました。サブフィルター22172217用のアクセサリーがそのまま使用でき、ろ過能力を手軽にアップすることができます。あと、「ろ過容量」をみて「ろ材」を準備します。2217では6Lのろ材が必要になります。


メーカー

水槽

型番

寸法

ろ過容量

ホース(吸入側 排水側mm)

定価()

販売価格

EHEIME

45cm水槽以下

2211


1L

12/16 9/12

9,450

4,980

45cm60cm水槽

2213


3L

12/16 12/16

12,600

5,800

60cm75cm水槽

2215


4L

12/16 12/16

18,900

8,900

75cm120cm水槽

2217

235mm(直径390mm(高さ)

6L

16/22 12/16

25,200

11,500 (税込)

120cm200cm水槽ぐらいまで

2260


18L

25/34 16/22

50,920

44,980

GEX

6090cm水槽

(60160リットル)

メガパワー6090

270x210x335mm

5L

16/22 12/16

14,175(税込)

5,870

90120cm水槽

(150300リットル)

メガパワー9012

305x235x370mm

7L

16/22 12/16

18,375(税込)

6,980



4.ヒーター

 ヒーターはワット数が小さいと温まりませんが断線も考慮してワット数を少なくして複数を使う事をお勧めします。でも今回は200Wのハイドール 外部式フィルター用ヒーター Eth(イーテーエッチ) 200 販売価格6,980円を1本を使います。このヒーターは水槽の外にヒーターを設置できるので水槽内を広く使えます。それと今回は温度設定をクールウェイ200でコントロールするのでEth 200の温度設定は一番熱くしておきます。


適合水槽サイズ

水容量

ヒーターの容量

準備したヒーター

小型水槽

10ℓ以下

30Wタイプ


20ℓ以下

50Wタイプ


25ℓ以下

65Wタイプ


30ℓ以下

75Wタイプ


45cm水槽以下

35ℓ以下

100Wタイプ


60cm水槽以下

60ℓ以下

150Wタイプ


75cm水槽以下

120ℓ以下

200Wタイプ


90cm水槽以下

160ℓ以下

300Wタイプ


120cm水槽以下

200ℓ以下

500Wタイプ



Eth 200の対応状況

品名

消費電力

適合ホース内径

適合水量

全長

8℃以内

10℃以内

Eth 200

200W

12mm

100200L

100180L

29cm

Eth 300

300W

16mm

200300L

180250L

30.5cm



5.クーラー

 クーラーは水温を冷やすのがメインですが、サーモスタットの機能を持っていてヒーターを付けて暖める事ができるGEX社のクールウェイ200にしました。冷やすのと暖める事を1つの機器でやらないとヒーターとクーラーが同時に動く事が心配になります。そういった問題を解決するには1つの機器で制御します。クールウェイ200で温度設定を25℃にして冷やすのと暖める事を制御します。


製造メーカー

型番

サイズ

対応容量(ℓ)

使用可能ホース径

定価

販売価格

ヒーター用コンセント

ニッソー

アクアクーラー40-U

W330×D455×H447mm/H500(mm)(ホースジョイント)

300

ホース内径

16mm

税込価格:96,600

29,800

無し

GEX

クールウェイ400

300x385x405mm

(ホースジョイント含め53cm

350L以下

内径16mmのホース

120,750(税込)

価格 44,500(税込) 送料別

1000W

コンセント

GEX

クールウェイ200

270x310x377mm

(ホースジョイント含め47cm

160L以下

内径12mm16mmのホース

75,600円(税込)

29,700

500W

コンセント



6.配管

 水槽内の吸入口はエーハイムではストレーナーと言っていますが吸入口にエーハイムのスポンジプレフィルターを付けています。そこからサブフィルター2217に入りろ過装置の2217に入りクーラーのクールウェイ200に入りヒーターのEth 200に入り排出口から水槽内に水が流れます。あと、エーハイムで良いのはダブルタップで配管を閉じて切断できるところです。同じダブルタップなら簡単にバイパスできるようにホースとダブルタップを接続します。ちなみにホースのサイズごとダブルタップがあります。



















A

スポンジプレフィルター

B

サブフィルター2217

C

ろ過装置2217

D

クーラー クールウェイ200

E

外部式ヒーター Eth 200

F

ダブルタップ 16mm/22mm

G

ダブルタップ 12mm/16mm





7.砂利

 以前は人工の砂利は水質変動が激しく使えませんでしたが最近は安定したソイルと呼ばれている物が使われています。水槽にひいた時に水草を植えるために56cmは必要になります。今回は8Lの袋を3つで24Lのソイルを準備しました。人によって別の砂利をひいた上にソイルをひいたりします。ここは人によってこだわる部分だと思います。


水槽

(横幅×奥行き×高さ)

総水量L

ヒーター

ソイル

高さ1cmにつき

準備したソイル

L

20×20×20

8

10W50W

0.4L


30×30×30

27

75W100W

0.9L


36×22×26

21

75W100W

0.8L


45×30×30

40.5

100W150W

1.3L


60×30×36

65

150W200W

1.8L


60×45×45

122

300W350W

2.6L


90×45×45

182

400W

4L

24L(6cm)

120×45×45

243

600W

5.4L


120×45×50

270

700W

5.4L




8.CO2

 CO2は水草を育成するのに欠かせません。CO2を水槽へ供給する機器は一番安くてタイマーでコントロールできる物、電磁バルブを使う物と探していたら楽天市場店charmで販売していた「電磁弁付きの本格セット!チャームオリジナル 新CO2レギュレーター フルセット RCG0328(専用スタンド付)」価格 19,930(税込) 送料込 で入手することができました。これなら毎日欠かさず決まった時間にCO2を供給することができます。90cm水槽の環境では、CO21秒間に23滴が適しているようです。CO2を供給する量は手動バルブで調整します。

URL http://item.rakuten.co.jp/chanet/54718/




9.電気配線

 電気配線はコンセントボード(タコ足)を作ってタイマー5個分と、ろ過装置、クーラーの電源を取っています。



A

コンセント オス

B

コンセント メス

C

タイマー

D

蛍光灯

E

CO2電磁バルブ

F

エアポンプ

G

ろ過装置

H

クーラー



10.タイマー

 タイマーは24時間の100VONOFFできる物を準備します。高性能で安かったタイマーは、楽天市場店charmで販売していた「エコ&省エネ!停電でも狂わない!デジタルプログラムタイマー チャーボにおまかせ!」が価格 1,840(税込) 送料別 でした。今回は5台購入しました。

最大1500W、停電になっても設定が狂わない、再設定の手間がかからないといった特徴があります。

URL http://item.rakuten.co.jp/chanet/65784/



11.タイマーの設定

 タイマー5台を使って朝、昼、夕方、夜を作ると同時に電磁バルブをタイマーで動かし水草が光合成に使うCO2を注入して光合成を行わせます。水草が光合成をしない間は酸素を使うのでエアレーションをして供給します。微調整はタイマーの時間を変えて対応します。これでだいぶ自動化できたと思います。あと自動餌やり機を導入すれば簡単な所はできてしまうと思います。


12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11



水槽時間→

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18





夕方







ライトA 18-5 11H















ライトB 19-6 11H
















ライトC 21-8 11H










CO2注入 17-4 11H









エアレーション















エアレーション 6-16 10H



12.水草

 水草は環境が合わないと成長しないので試してみる事にしました。熱帯魚を南米系にしようと思うので南米系の水草で統一しました。あと、水草は水上葉と水中葉があるので水槽に入れる時に水上葉の物は水槽に入れてから水中葉が生えてくるのを待たないといけません。水上葉は水中で枯れるのでなるべく水中葉にした方が状態もわかり易く良いようです。


位置

水草名

葉の状態

販売単位(円)

役割

備考

エキノドルス・ テネルス

(ピグミーチェーンアマゾン)

10


2,190


前後

南米ウィローモス

2パック

水中葉

1,520

地形の変化を出す

竹炭に活着させる

チェーンアマゾン

5


670



Ech.バーシー

1


1,410

主役


中後

Ech.ファンシーツイスト

1


860

準主役


Ech.トリカラー

1


860

準主役


アマゾンソード

2


430

脇役


Ech.オリシス

1


780



Ech.ベスビウス

1


1,380



Ech.マヨール

1


820



Ech.オゼロット

1


760



スレンダーマヤカ

5


580



レッドカボンバ

7


450



アマゾンハイグロ ポルトベーリョ産

3


580



ヘテランテラ

3


680



合計

11,680




13.熱帯魚等

 熱帯魚は購入する前に図鑑等で成長したら何cmになるか確認してから購入しましょう。繁殖してしまうと水槽を増やしたくなってしまうのでなるべく繁殖しない種類を選びました。魚も南米系で統一したいところですがヤマトヌマエビとレッドラムズホーンを入れてしまうのはちょっと抵抗があります。掃除屋さんを入れとかないと・・・苦渋の選択です。でも、90cm水槽では少し魚の数が多いと思います。あと、繁殖の形態なんですが、人間が繁殖させたものを「ブリード」と言い、野生で採集されてものを「ワイルド」と呼んでいます。どちらかというと「ブリード」の方が空輸時間が短く状態も良く、人間にも慣れている、人工飼料を食べるようになりやすいと言われています。あと、熱帯魚を水槽に入れるにはろ過装置を動かして水草を植えて1週間後くらいが良いようです。


名前

サイズ

繁殖形態

ひき

価格(円)

備考

カージナルテトラ

4cm

ブリード

50

2,230


ブラックネオンテトラ

4cm

ブリード

10

900


ゴールドテトラ エオス

3.5cm

ブリード

10

1,500


ベックフォルディペンシル

4cm

ブリード

10

900


ピグミーコリドラス

(コリドラス・ピグマエウス)

2.5cm

ワイルド

20

2,560

送料480

コリドラス ハブロースス

3cm

不明

10

2,096


マジナータス・ペンシルフィッシュ

3cm

不明

12

4,770


ヤマトヌマエビ

5cm

不明

20

1,240


レッドラムズホーン

2.5cm

不明

10

1,540


合計

15,176




14.作業に使ったチェックリスト

 実際に使ったチェックリストは次のようになります。今回は水槽の再セットアップなので工程が多いと思います。意外と労力がかかりました。


No.

工程

細部

完了

1

片づけ

自分の部屋の片づけ 

1014

台所 の片づけ

1020

隣の部屋の片づけ 

1021

パソコン の片づけ

1020

プリンター 中古やへ

1029

LAN 配線変更 

1020

衣装ケースを空ける

1014

2

資材の収集

L型アングル 

1019

クーラー 

1014

90cm水槽

1025

蛍光灯 

1014

ろ過装置 

1014

ホース(水道用) 

1021

ホース(ろ過装置用) 

1014

蛇口用コネクター 

1014

その他

1021

3

古い水槽の片づけ

放水部 処分 

1021

吸入部 処分 

1021

自作ろ過機 乾燥後、処分 

1021

ろ過装置 処分 

1021

古い水槽の水の排水

1021

古い水槽から砂利を取り出す 乾燥後、処分

1023

古い水槽を台から移す

1022

古い水槽の清掃 清掃、乾燥後、処分

1024

4

水道の整備

水道用 ホースの準備

1021

水道用 蛇口にコネクターを付ける

1020

5

新しい水槽の準備

水槽の台の改修 足を組みかえて再使用

1023

水槽台の移設

1022

コンセントパネルの作成

1021

タイマーの設定

1021

タイマーの作動チェック

1022

水槽背面の塗装 塗料にて塗装する

1025

水槽のろ過装置等のセットアップ

1026

CO2供給装置のセットアップ

1110

6

蛍光灯の作成

実物大図面の作成

1031

部品の切り出し

113

組み立て

114

木工ボンド乾燥後に塗装

114

反射版のアルミテープはり

115

蛍光灯ユニットの組み込みと完成

116

7

熱帯魚と水草

水草のセットアップ

1110

熱帯魚のセットアップ

1027



15,レイアウトが終わった水槽

 水槽の完成は人によって色々違います。水草が成長した状態を「完成した」とする人も多いようです。ちなみに水槽を設置したところと3カ月後の写真は次のようになります。


設置したところ



3カ月後




16.手入れ

 今回の水槽での手入れは次のようになります。


清掃か所

間隔

注意点

水替え

1週間に1

3分の1を入れ替え

スポンジプレフィルター

汚れた都度

水槽の水で手もみ洗い

外部フィルター

6カ月に1

水槽の水で洗う

クーラーのフィルター

2週間に1

掃除機で埃を取る

CO2のボトル交換

無くなったら

取説の手順を守る



17.次の水槽計画

 次の目標は120cm水槽を計画しています。まだ未定のところが多いですが水槽の台は120cm水槽を載せることができます。色々と考えている時間が一番楽しいと思います。120cm水槽を目指して当分は楽しめそうです。



緒元

対応容量

定価

実売

備考

120cm水槽

ニッソー120×45×48cm

220L


22,990


ガラス蓋






蛍光灯

30W×6





ろ過装置

2217

75cm120cm

25,200

11,500


サブフィルター

サブフィルター2217



5,550


Eth 300

300W



7,980


クーラー

GEX クールウェイ400

350L

120,750

44,500


ソイル

27L





CO2




19,930


タイマー

1,8405



9,200



145,950

121,650




 これで水草水槽を資料の表を使って追って行く事で自分の水槽に合うように必要な器具を選べたのではないでしょうか?水草水槽を作って熱帯魚を飼う時の参考になれば幸いです。




参考URL

マリン企画 月刊アクアライフ別冊 保存決定版 熱帯魚入門

成美堂出版 日本と世界の水草のカタログ1993

成美堂出版 アクアリウムの作り方・楽しみ方

成美堂出版 2013年版 世界の熱帯魚&水草カタログ

メイツ出版 熱帯魚・水草をもっと楽しむ アクアリウム 作り方のポイント55

色々


13